ひかり電話が来た

申し込みから約ヶ月。9/26の午後から工事に来た。工事業者は「つうけん」。午後3時からはじまった。はじめは、ケーブルの引き込み。居間に来ているメタル線の導管を使う予定だったが、使えないことがわかり急遽2階の納戸の換気口から引き込むことになった。

    (光) 納戸 (LAN)居間 電柱———-ONU——-ルーター——ハブ—–PC                +—-電話

ONUを2階の納戸に設置し、そこから1階のルーター(Web Caster V110)までLANで接続した。

屋内の工事は1時間、幹線から家までの光ケーブル工事(約200m)が1時間ほどかかった。終了は午後5時を過ぎた。終了後は、工事担当者から開通確認の電話があり、ルーターの出淵源を再投入後使えた。ひかり電話を使っていると、ルーターのLEDが点滅する。IP電話と同じ動作をしている。音声もまったく違いがなく問題ない。

ところで、光の通信速度だが、思ったほど上がっていない。上りで25M、下りは16Mだ。????せめて50Mは期待したが







— posted by mike0895 at 08:34 pm   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

赤井川 都小学校公開研究会

赤井川村都小学校は、北海道へき地複式教育研究大会の会場校なっていて、その公開研究会を参観してきた。

研究テーマは、「心豊かに地域とともに育つ子どもの育成」 IT社会を豊かに生きるためのコミュニケーション能力の育成を目指して  ・テレビ会議システムを利用した交流学習によるコミュニケーション能力の育成

テレビ会議システムのフェニックスを利用した交流学習を、全学年で行った研究会だった。 1・2年生活科は、滋賀県高島市マキノ北小学校と地域の素敵なところを発表。 3・4年社会は、西美唄小学校と米の貯蔵施設を調べたことを発表。 5年社会は、西美唄小学校とお米作りの実態を発表した。

 低・中・高学年の各発達段階の発表力の違いを続けてみることができた研究会で、とても有意義で参考となった。特に、低学年におけるテレビ会議には疑心暗鬼な点も多々あったが、発表する態度や相手の話す内容をしっかり聞いて低学年なりに理解していた点など、とても活発に交流が行われていた。発表内容にも工夫が見られ、途中にクイズなどを取り入れ、相手の関心を持たせたり、テンポを保った内容だった。山間部の農村地区のため、通信回線もISDNであったり、校内LANも整備されていなかったがっこうだったが、情報教育の重要な部分である、コミュニケーション力をしっかりと子どもたちが身につけて、授業に生かしていたことはとてもすばらしいことに感じた。

 午後の研究討議では、Skype(スカイプ)を利用して、オーストリアの日本人学校に赴任している前西美唄小の福士先生が参加したり、東北学院大学の稲垣先生が参加するなど、とてもアクティブな討論となった。

 この研究会に参加して、本校の課題も見えてきたような気がする。また、岩見沢教育大の村田教授にもお会いでき、とても収穫のある一日だった。







— posted by mike0895 at 08:31 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

空知教職員パソコン研究会 例会

1991年から活動している、STEP(空知教職員パソコン研究会)の例会が、約1年半ぶりに開催された。歌志内中学校(パソコン教室)を会場に、9/17午後から行われ、夜は砂川市内の居酒屋「山小屋」で交流会、宿泊は歌志内かもい岳温泉たっだ。

例会では、 ・挑戦者Link で売られている「ヨンコイチLink 」の組み立て、セットアップ ・Linuxを使ったネットワークブートパソコンのデモ ・スコアメーカー4の使い方 ・玄箱のセットアップなどが行われた。

参加者は、例会は6名、交流会は9名、宿泊は5名と久しぶりの例会で多くの方が参加した。さっそく次回例会(11/12、妹背牛小学校&深川オートキャンプ場コテージ)の日程も決まった。






— posted by mike0895 at 08:27 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0136 sec.
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18 19202122 2324
2526 27282930 
 
blogBar