GoogleMAPを使おう

1 of 212Next»
GoogleMAPLink を、説明や記録の手段として使えないか考えていた。         キーワードは、わかりやすく伝える・示す


これまでもWebでの地図利用といったら、MapionLinkYahoo地図Linkgoo地図Link などの住所検索が主だった。また、GoogleMAPもそのAPILink が公開され、それなりの知識と経験があれば利用できた。また、GoogleMapsEditorもなんとなく知っていたが、利用するまでには至っていなかった。

今回、江別パソコン利用研究会Link では、昨年度から江別市郷土資料館に収蔵されている古い写真プリント(約1800枚)をデジタル化する事業を行っている。一方で、今を記録していくことで10年後30年後50年後には、今の記録が歴史=アーカイブスとして利用していきたいと考えている。

この今を記録していく手段として、GoogleMAPとPhotoアルバムやblogを活用してみた。

また学校教育でも、 ・植物などの観察記録 ・地域情報のまとめ ・修学旅行報告 ・安全マップづくり    等々 簡単に地図情報とデータを組み合わせたページづくりができる。

このGoogleMapsEditorを利用する利点は、 ・MAPページ(HTMLデータ)単独で利用可となること。 ・インターネットでの公開用サーバーでも利用できること。 ・MAPページ(HTMLデータ)と他のWebページとの連携(リンク)ができること。 である。

   ▲このMAPを表示るパソコンは、インターネット接続が必須   ▲公開サーバー専用のAPIキーが必須

サンプルページ ・江別街かどアーカイブス vol.2Link  (GoogleMPA) ・野幌8丁目通りLink           (Photoアルバム)

リンク ●GoogleMapsEditorLink   詳しい解説とプログラムのDL ●Geekなぺーじ Link   GoogleMAPで、緯度経度を取得できるページ ●JAlbumLink   窓の杜で紹介・DLされている

■注意この仕組みを利用するには、Googleのアカウントを取得して、GoogleMapAPIキーを取得する必要がある。 GoogleMapsEditorLink ページで紹介されている。 

キャプチャー画面は以下Link

1 of 212Next»

— posted by mike0895 at 12:14 pm   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [1件]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0135 sec.
SMTWTFS
  1 2345
6 7 89 10 11 12
13141516 17 1819
202122 23242526
2728293031  
 
blogBar