はこだて未来大学

札幌大学を会場に、はこだて未来大学の情報アーキテクチャ学科の取り組みが報告された。「地域デジタルアーカイブスの現状と可能性」について教授の川嶋稔夫氏が講演された。

函館山から撮影したデジタル写真をもとに、googleマップのような拡大縮小機能が備わったシステムを開発。その公開が行われた。ギガピクセルプロジェクトと呼んでいた。

現在の様子を写して活用できる点もすばらしく思ったが、江戸時代に撮影されたガラス乾板写真の解像度のよさに驚いた。現在発売されているデジカメに勝る解像度があることがわかった。すごい!

11日の富山インターネット市民塾とこのデジタルアーカイブスは、シニア世代の方々を巻き込んだ地域コミュニティーとして江別パソコン利用研究会が参画する参考となった。





— posted by mike0895 at 09:01 pm   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [1件]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0120 sec.
SMTWTFS
1234567
891011 12 1314
15161718192021
22232425262728
29 3031    
 
blogBar