Webでのビデオファイル再生

研究会の収録や様子をビデオでWebに掲載する事を試した。

今年の8月に情報教育の研究会を開催して、その時の収録をWebで公開することにしている。圧縮率(ファイルサイズ)やビデオ情報の埋め込みや制作のし易さから、WMV(Windows Media Player)を選んだ。

ビデオファイルへのリンクを設定して再生するのは、通常のリンク作成と変わらない。今回は、Webページ内でビデオが再生できる、『埋めこみプレイヤー(エンベット形式)』を使う。基本としては、ActiveXを使用して、<OBJECT>タグをHTMLで記載するとプレーヤーのモジュールが表示され、再生ボタン等が使えるようになる。

今回いろいろと調べると、バナーを表示したり、リンク設定ができるなど、様々な機能をプレーヤに付加することができる。そのためには、ASXファイルを作成して、決められたタグををテキストで記述することで使える。

●サンプルページは こちらLink

●参考サイト ・誰でも出来るストリーミング-実用編Link           ・メタファイル簡単作成ツールLink

— posted by mike0895 at 08:44 pm   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [1件]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0169 sec.
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16 17 18 19 202122
23242526 272829
3031     
 
blogBar