Web学級日誌

バディLink の米田氏と大笹さんが6/29日に来校。

米田氏は2005年1月の2005年の教室を考える会inみちのくの研究会で同じグループなり知り合った。また、大笹さんは、昨年8月のITCE2級の会で一緒に参加し知っていた。今回、Web学級日誌をコンピュータで作成するソフトをメーカーの協力で1年間試験的に使わせていただくことになった。



学級日誌だけなら普通のソフトと変わりないが、ネットワーク機能が付いている点に着目した。簡単なインターフェースで少し操作性や物足りない点があるが、その分低学年からでも十分使えそうだ。お絵書き機能や写真の添付もできる。

「情報宝箱」きのうを使うと、学級日誌の公開や他校との交流が可能となる。情報の共有や発信ができる点だ。紙ベースの日誌では不可能だが、ネットワーク対応の学級日誌だとインターフェースは限られているが、そうした観点を毎日の記録を通して行える。値段も学校予算で購入することもできるなど、リーズナブルだ。

7/1(金)の校内研修で、さっそく使い方研修を行う予定。

— posted by mike0895 at 08:04 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0123 sec.
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
1920 2122232425
26272829 30  
 
blogBar